【新作エロゲレビュー】華は短し、踊れよ乙女(ensemble)

女装して女学園に潜入して乙女の頂点を目指したい。

誰もが一度は思ったことありますよね!

「華は短し、踊れよ乙女」は、
歌舞伎役者の主人公が女を学ぶために、女装して女学園に潜り込む物語です。

ensembleの乙女シリーズ最新作は、ひと味違う出来栄えに……?
華乙の魅力をネタバレなしでご紹介していきます。

– 藤の乙女たちの帝都浪漫譚 –
オトコノコあり

「華は短し、踊れよ乙女」のネタバレあり感想はこちらのサイトに掲載しております。

目次

華は短し、踊れよ乙女:タイトル情報

タイトル情報
華乙タイトル画面
タイトル 華は短し、踊れよ乙女
ブランド ensemble
公式ジャンル 大正×女装×お嬢様学園潜入ADV
発売日 2022年9月30日
スタッフ
企画・シナリオ 浅黄アキ
原画 なのたろ・佑真・湊みなも
サブ原画 しばゆき
あらすじ

今からおよそ百年前、大正十年。
輝かしくも激動の、目も眩むような時代の真っ只中。

主人公こと山科凜は、女形として活躍する歌舞伎俳優。
そんな彼はとある舞台で大きな挫折を味わってしまう。
しかし、偶然出会った金髪の少女の言葉に希望を見出すと、
己を磨いていつか舞台に返り咲くため、自身のご贔屓が学長を務める女学校に『藤波 凜』と名を改め編入する事に。

女学校で待ち受けていたのは、初めて触れる華やかな世界。
由緒正しき名家のご令嬢たちと、西洋からの留学生たちだった。
凜は学長のはからいにより、学生たちの代表である五人の乙女、『英華会』の一員として迎えられる。
さらに、同じ英華会のご令嬢たちと一つ屋根の下で暮らすことに。
そこには自分を救ってくれた金髪の少女、クリスの姿もあった。

やがて何も知らない凜に、英華会の為すべきことが明かされる。
女学校は今まさに、日本と西洋の争いの渦中にあった。
それを治めるために、ただ一人の頂点たる乙女、『撫子の君』を決める選挙がもうすぐ行われる。

その投票の対象は、凜たち英華会の五人なのだった。
西洋側の筆頭候補がクリスであるのに対して、凜は学長により、日本側の筆頭候補として擁立された立場。
学長の思惑に巻き込まれた形ではあったものの、
己を高めるまたとない機会だとして、凜は喜んで承諾する。

引用:華は短し、踊れよ乙女公式サイトより

華は短し、踊れよ乙女の公式サイトはこちら。

本作は修正パッチはありません。

パッケージやディスクデザイン
以下のような感じですね!
こちらは私が実際に持っているモノになります。
華は短し、踊れよ乙女パッケージ

こんな方におすすめ!

大正浪漫の雰囲気が好きな方

自分の容姿に自信満々な女装主人公を見てみたい方

乙女たちの禁断の恋愛を楽しみたい方

おすすめ度:ややおすすめ!

概要

「華は短し、踊れよ乙女」は、ensemble2から2022年9月に発売されたエロゲです。
公式の略称は「華乙はなおと」ですね。

華乙は大正十年の日本が舞台となっており、
歌舞伎の女形おやま役者3である主人公“藤波凜ふじなみりん”が女を学ぶため、
男であることを隠して女学園に通う物語となっています。

藤波凜1
彼(彼女?)が藤波凜ですね。©ensemble

華乙のストーリーは、
歌舞伎の演目で失敗して落ち込んでしまった凜が、
通りすがりに出会った英国人のヒロイン“クリスティーナ”に励まされて再起するところから始まります。

クリスティーナ1
彼女がクリスティーナですね。©ensemble

そんな華乙のネット上のコメント(Twitter、エロゲー批評空間より抜粋)を見てみると、

ユーザーの声

「乙女シリーズ内でも上位に来る」

「テンポが小気味いい」

「凜ちゃんが一番かわいい」

と、概ね高評価であることがうかがえます。

なぜ「華乙」は高く評価されているのか?
その理由となる本作の魅力を3つ、以下に具体的に述べていきます。

魅力

大正浪漫の雰囲気と美麗な作画

華乙は大正浪漫の雰囲気が素晴らしいです。

和と洋が入り混じるモダンな町の様子を上手に描いているんですよね。
テキストを読むのを止めて、色んな背景を思わず眺めてしまいました。

歌舞伎座の外の背景
歌舞伎座の外。欧化が進んでいる町並みですね。©ensemble
夜の公園の背景
夜の公園。こちらは和風推しで趣があります。©ensemble

そして、本作の世界を彩る音楽も力が入っています。

OPの「万華鏡」はハイカラなメロディとDucaさんのボーカルがマッチしていて、
非常に完成度が高いですね。

また、留学生のヒロインたちが和装を披露してくれるシーンも最高でした。
異文化交流、和と洋が織りなすハーモニーを堪能できます。

このシーンは何気に、留学生たちがこちらへ歩み寄ってくれる姿勢が嬉しかったです。
昨今のご時世は色々荒れていて、相手に譲歩する姿勢が疎かになっている気がしますよね。

異なる文化や価値観を持っていてもそれを押し付けず、時には引いてみる。
相手を立てる精神を忘れずにいたいなと思えた、学びのあるシーンでした。

和装ヒロインたち
©ensemble

見ていて面白い、ユニークな女装主人公

華乙の主人公『藤波凜』は歌舞伎の女形役者ですが、
なかなか面白い性格をしているので見ていて飽きないです。

幼いころから女を突き詰めてきた凜は自分の容姿に並々ならぬ自信があり、
他人から容姿を褒められても謙遜することなく、
「でしょ? 僕だからね」とドヤります。

自分が美人であることの自負とブレない姿勢は芯が通っているので、
見ていて気持ち良かったです。好感を覚えましたね。

あと、異様に負けず嫌いなところも面白いです。

例えば、凜が女学園に編入して教室に入る場面。
謎の編入生という立場でクラスの話題をかっさらって気持ち良くなっている凜が、
クリスの人気に水を差されて驚くところは笑いました。

藤波凜2
©ensemble

謎の編入性という下駄を履き、言うならば無敵にも等しいはずの今の僕が……注目度で負けている!?

あと、共通ルートの途中で凜はクリスに侮られるシーンがあるのですが、
そこでは毅然とした態度で言い返すので爽快でしたね。

自信家で胸に熱いものを秘めた華乙の女装主人公『藤波凜』は、
見ていて飽きない非常に魅力的な主人公です。

クリスと凜
クリスとの舌戦は目を離せませんよ。©ensemble


「君が単純すぎるだけで、僕はちゃんと考えてるんだよ!」

雅で粋な演出

華乙は演出においても楽しませてくれます。

凜が驚いたときや心の中でツッコんでいるとき、
その心情が漫画のような吹き出しで表示されることがあります。

ノベルゲームは基本的にテキストウィンドウにしか文字を記さないので、
この演出はなかなか新鮮で面白かったですね。

吹き出し演出
©ensemble

あと、場面転換時に白黒のフィルム映画を流しているような演出が入ることがあります。
昔ながらの雰囲気を感じさせてくれる味わい深い演出でした。

白黒フィルム演出
©ensemble

数秒しか映らないような、細かな箇所にまで気を配ってくれるの嬉しいですね。
こういった細部にまでしっかり手を尽くしてくれる作品、私は大好きです。

以上3つが本作の魅力でした。

華乙の魅力まとめ
  • 大正時代の浪漫ある雰囲気
  • 個性溢れるユニークな主人公
  • 雅で粋な演出

未プレイの方にはぜひプレイしてほしいタイトルですね。

欠点

高評価の本作ではありますが、2つほど欠点があります。

シナリオの盛り上がりは控えめ

華乙のシナリオは恋愛がメインなので、
大きな起伏のあるストーリーではありません。

劇的な展開や動的でうねりのある物語を求める方は、やや物足りなさを感じてしまうでしょう。

展開も真っ直ぐで先が予想しやすいシナリオとなっているので、
「こちらの期待を裏切ってほしい」というスタンスの方にもおすすめしづらい作品です。

乙女たちの恋愛を温かく見守る姿勢で楽しむのが良いかと思います。

凜と小春
花も恥じらう乙女たち。左は男だけど。©ensemble

女装モノとしては、やや設定を捻っている

これは欠点というより賛否両論点かもしれませんが、
華乙は女装モノの王道からは少し外したような設定となっています。

女装した主人公が女だらけの空間に飛び込んでドキドキして、
いつバレてしまうのかを冷や冷やしながら日々を過ごす。

みたいな感じが女装モノの定番かと思います。

が、華乙の藤波凜は女形役者であり、
自らが女であることを当然のように振る舞う人間です。

日常生活も女として過ごすよう心掛けているような、半分女みたいな男なので、
周りが女だらけでドキドキするということがまあないんですよね。

凜に好意を持つ女の子がアピールしてきても、
「僕、可愛いから仕方ないよね」みたいな感じでシレっとしています。

まあそこが面白いとも言えるわけですが、
女装している主人公が焦ったり慌てたりするのを楽しみたい方にとっては、
少しズレた主人公像になっているかなと。

藤波凜3
にしても可愛いなおい。©ensemble

以上2つが本作の欠点でした。

ただ、華乙は恋愛モノとして見るとシナリオはしっかりしていますし、
一癖ある主人公はかっこよくて可愛い魅力ある人物なので、
気になった方にはぜひプレイしてほしいです。

女装モノのプレイ経験が少ない私もしっかり楽しめたので、
女装モノや乙女シリーズの入門として、非常に良い作品ですよ。

エッチシーン

本作のエッチシーンはなかなかエロいです。

効果音などの演出は控えめですが、構図がぐっとくるものが多いです。
小春のバックは彼女のぷりぷりのお尻が突き出されて、めちゃめちゃエロかったですね。

何気に着衣と全裸を全てのヒロインで楽しめるのもありがたい仕様でした。

おすすめフェラシーン

「なんでいきなりおすすめのフェラシーンを紹介されるんだ?」と思いましたか?

私はフェラが好きだからです!

なので、私のブログではこの項目は必ず設置されます。
よろしくお願いします。

「クリスのご奉仕フェラ」

クリスのご奉仕フェラ
©ensemble

金髪ツンデレのクリスがご奉仕してくれるのたまりません。
少し苦しそうにして眉が寄ってるの、ゾクゾクして最高です。

お口が小さい子にデカち○こ咥えさせるのはもうマストですよね。
愉しませていただきました。

Q&Aコーナー

華乙をプレイするにあたって、出てきそうなご質問にお答えします。

ensembleの作品で、本作からプレイするのはアリ?

アリです。

華乙は乙女シリーズではありますが過去作と繋がりのない独立した作品ですので、
華乙からのプレイで全く問題ないです。

推奨攻略順1とかある?

必須ではありませんが、
クリスのルートは最後に攻略することをおすすめします。

他の3人はお好きな順番で大丈夫です。

完全版とか続編は出てたりする?

華乙は続編や完全版は出ていませんので、お気になさらずで大丈夫です。

ただ、ensembleの乙女シリーズは高確率でファンディスク(FD)が出るので、
後ほどFDがリリースされる可能性はあります。

サブキャラの巴やブリジットにルートが存在しないことや、
華乙自体の評判を鑑みると、FDが来る可能性は高いと予想しています。

その他、何か気になることやご質問などあれば何でもお気軽にご相談下さい。
コメントお待ちしております。

※吹き出しアイコンはensemble様の配布素材をご使用させていただきました。

華は短し、踊れよ乙女:総評

「華は短し、踊れよ乙女」は女学園に入学した女形役者の主人公が、
ヒロインたちとの禁断の愛を育んでいくお話でした。

大正浪漫の雰囲気や、女を極めようとするユニークな主人公
楽しませてくれる粋な演出
が魅力のエロゲです。

  • 大正浪漫の雰囲気が好きな方
  • 一癖ある女装主人公を見てみたい方
  • 乙女たちが過ごす花園での恋愛模様を楽しみたい方

におすすめしたい作品となっています。

華乙は私としては2作目の女装モノでしたが、
とても面白かったので、みなさんにもぜひプレイしてほしいです。

ギャグも結構笑えたので、笑いたい方にもおすすめですね。
共通の途中、凜とクリスが茶番を繰り広げることになるシーンは必見ですよ。

クリスのおばか発言
おばかですっ!!©ensemble

華は短し、踊れよ乙女:商品リンク

以下の記事は、
「エロゲ初心者の方」や、
「どのエロゲをプレイするか迷っている方」におすすめの記事となっておりますので、
お時間があればぜひご覧くださいませ。

あわせて読みたい
【超厳選】エロゲ初心者が絶対にプレイするべきおすすめのエロゲ5選(シナリオゲー&キャラゲー編) みなさんこんにちは。管理人のCyberです。 今回は「エロゲ初心者が絶対にプレイするべきおすすめのエロゲ」を5作紹介します。 突然ですが、みなさんは「エロゲのおすす...

以下の記事に、
FANZAのエロゲセール情報もまとめています。
こちらもぜひチェックしてくださいませ。

あわせて読みたい
【FANZA/DLsite】エロゲセール情報まとめ(2022/12/01更新) FANZAとDLsiteで開催中のエロゲのセール情報をまとめています。(2022/12/01更新) おすすめの作品やユーザー評価の高い作品をピックアップしています。お得にエロゲを...
  1. エロゲを最大限楽しむための攻略順のこと。エロゲでは特定のヒロインのルートに作中の重要な要素が詰め込まれていたりするため、こういったヒロインは後ろの方に回すことが推奨される。基本的にパッケージのセンターを飾るヒロインが、この立ち位置であることが多い。
  2. 株式会社ウィルプラスのアダルトゲームブランド。可愛い女装主人公がウリの「乙女シリーズ」が人気を博している。
  3. 女性を演じる男性の役者を指す。女方(おんながた)とも。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次