FANZAで「サマーセール2024」開催中!

【エロゲレビュー】クリミナルボーダー(Purple software)

電子ドラッグで幼馴染の女の子を発情させる。
チャンスがあれば、一度はしてみたいところですよね。

『クリミナルボーダー』は「見るだけで強い性的興奮が伴う電子ドラッグムービー」を作った主人公が、幼馴染の女の子に見せてオナニーさせるという衝撃シーンから始まります。

Purple softwareが突如として打ち出してきた完全新作、
『クリミナルボーダー』シリーズの魅力をネタバレなしでご紹介していきます。

– この少女ヒロイン達、最高で最悪 –

「クリミナルボーダー 1st offence」のネタバレあり感想はこちらのサイトに掲載しております。

目次
FANZAサマーセール2024

タイトル情報 / 評価

タイトル情報
クリミナルボーダー 1st offenceタイトル画面
タイトル クリミナルボーダー
ブランド Purple software
公式ジャンル 日常と常識の境界を引き裂く悪人円舞曲ADV
発売日 2022年10月28日~2024年5月31日
スタッフ
企画・シナリオ かずきふみ
キャラクターデザイン・原画 さめまんま
SD原画 CHIHIRO
背景デザイン わいっしゅ/彩 雅介/ニライカナイ
Webデザイン 上都河希(Laplacian)
ディレクター 小梅蓮
プロデューサー 石川泰
あらすじ

陰キャでオタクでいてもいなくても変わらない———

別段特別な技術があるわけでもない、陳腐なMADムービー製作を趣味にしている一樹にのまえいつきは、
ある日、偶然が重なったことで「見るだけで強い性的興奮が伴う電子ドラッグムービー」を作成してしまう。

——自分を見下しているアイツに見せたらどうなるだろう。

暗い欲求が樹を突き動かす。

幼馴染、春夏冬凛あきなしりんにムービーを見せることに成功したものの、樹は優等生の仮面の裏に隠した凛の秘密を知ってしまう。

『電子ドラッグを用いた巨額のビジネス』
凛から提案された“商売”の話。

パパ活斡旋、極道、半グレ——

自分とは縁のないはずだった裏社会に、
樹は流されるままに身を投じていく。

引用:クリミナルボーダー 1st offence公式サイトより

クリミナルボーダーの公式サイトはこちら。

本作は修正パッチはありません。

評価
おすすめ度 4.0点/5点
おすすめ!
こんな方におすすめ!アウトローや裏社会などの題材に惹かれる方

シビアで緊張感のあるシナリオを求める方

・普通のエロゲに飽きて刺激を欲している方


さめまんま氏の描くエロ絵がお好きな方
簡易評価【魅力/長所】
・裏社会の闇が見えるシビアなシナリオ
・ダークな雰囲気と緊張感

・3rd offenceの衝撃的展開
・樹と辰也の男の友情

【欠点/短所】
・人を選ぶ要素が多く、好みが分かれる
パッケージやディスクデザイン
以下のような感じですね!
こちらは私が実際に持っているモノになります。
『life sentence』の収納BOXに入れてみました。良い感じです。

概要

『クリミナルボーダー』シリーズは、Purple software1から2022年~2024年に発売されたエロゲです。

『クリミナルボーダー』シリーズ(以下「本作」と表記)は分割作品であり、全4作でシナリオが完結する構成となっています。

以下のように、1作ごとにヒロイン1人ずつ焦点を当てているのが特徴ですね。

1st offence:萬屋よろずやひな

©Purple software

2nd offence:勅使河原琴子てしがわらことこ

©Purple software

3rd offence:メリル・ハサウェイ

©Purple software

life sentence:春夏冬凛あきなしりん

©Purple software

本作の幕開けとなる『1st offence』では主人公“一樹にのまえいつき”が偶然「見るだけで強い性的興奮が伴う電子ドラッグムービー」を作成してしまい、
それを幼馴染の女の子“春夏冬凛あきなしりん”に見せるシーンから始まります。

この電子ドラッグムービーに価値を見出した凛から商売を持ち掛けられ、
それに応じた樹は非合法スレスレの商売を始め、裏社会へ身を投じていくことになる……。

というのが、本作のストーリーの出だしですね。

  • 樹たちと雨紋会(ヤ○ザ)の駆け引き
  • 樹と辰也の男の友情
  • 3rdでの衝撃的展開

などが主な見所となっています。

本作のネット上のコメントを見てみると(X、エロゲー批評空間より『3rd offence』までのコメントを抜粋)、

ユーザーの声

ひながオタクに優しいギャルって感じで良き(1st)

闇の世界の沼に入り込んだ感じで好き(2nd)

終わり方にはほんとうに鳥肌立った(3rd)

自分にはメチャクチャ刺さった(3rd)

と、高評価であることがうかがえます。

なぜ本作は高く評価されているのか?

その理由となる本作の魅力を3つ、以下に具体的に述べていきます。

魅力

目が離せないシナリオ

本作のシナリオはかなり面白いです。

主人公の樹は裏社会の人間と渡り合うため、ヒロインたちと力を合わせます。

ひなに励まされ、琴子を引き入れ、メリルを従え、凛と歩む。

ヒロインに焦点を当てた各ストーリーにはしっかり山が用意されているので見応えがありますし、
ラストの引きもなかなか強いので、とにかく先が気になってしまうんですよ。

私は1st、2nd、3rdの終わり際に毎回「これ、次どうなるんだ……?」と言ってましたからねw

なので、締めの『life sentence』はもう結末まで早く辿り着きたい一心で2日でクリアしてしまいました。

自分でいうのもなんですが私は結構プレイに時間をかける方で、
ロープライスの低ボリューム作品でも5日ぐらいかかるのが普通なんですよ。

そんな私が2日でクリアしたので、これはもう面白いということ!(暴論)

『life sentence』は特にのめり込みました……。©Purple software

『3rd offence』の衝撃展開から続く『life sentence』、
一気にプレイするなというのは無理な話でした。

もちろん『1st offence』の掴みも抜群ですし、
『2nd offence』で本格化するストーリーの引き込み具合も素晴らしいです。

シリーズを通して、各タイトルで起承転結をキレイに描いているのがお見事でしたね。

無力な少年少女が力を合わせ、汚い大人に立ち向かう。

本作は誰もが青春時代に抱いたそんな夢物語を、
地に足のついた物語として見せてくる素晴らしい作品です。

ダークな雰囲気と緊張感

本作は犯罪や裏社会を扱う作品のため、ダークな雰囲気と緊張感に満ちています。

パパ活2がガッツリ本編に絡んでくる、なかなか攻めた作風です。
18禁ならではの題材を扱っており、エロゲでしか描けないものを描こうとしているので好感が持てますね。

凛、パパ活に詳しいです。©Purple software

また、本作の裏の世界は非常に現実的な縦社会となっており、
支配層には当然「あの組織」が幅を利かせています。

いかにもな風貌の男たち。 ©Purple software

『2nd offence』で彼らとの関わりが深くなっていきます。
樹たちはどういった経緯でヤ○ザと交わることになるのか。注目してほしいです。

ヒッ…!©Purple software

樹と辰也の固い友情

本作は樹と、ひなの兄である“萬屋辰也”の友情も見逃せません。

危ない橋を渡りながらも困難に立ち向かっていく二人、
持ちつ持たれつの関係が非常に良かったですね。

始めは以下のような感じで全然仲良くないわけですが……

©Purple software

物語が進展していくと、背中を預け合う仲となっていきます。

©Purple software
©Purple software

プレイした方のコメントの中には、
「クリミナルボーダーのヒロインは辰也」というのも見かけられるほどですねw

彼らがどのように親交を深めていくのか。
そこも本作の見所のひとつとなっています。

以上が本作の魅力でした。

クリミナルボーダーの魅力まとめ
  • 目が離せないシビアなシナリオ
  • 暗い雰囲気と独特の緊張感
  • 樹と辰也の友情

未プレイの方にはぜひプレイしてみてほしいタイトルですね。

欠点

評価の高い本作ではありますが、1つ欠点があります。

人を選ぶ要素がある

これは欠点というより賛否両論点かもですが、
本作は人を選ぶ要素がわりと多いです。

もっとも話題に上がるのは「3rd offenceの衝撃展開」ですね。
エロゲの禁忌を破ったような展開となっています。

私は挑戦的で面白いと思いましたが、合わない方には許せない要素となる可能性がありますので、そこのところは注意しておきましょう。

また原画を担当するさめまんま氏の絵柄も比較的好みが分かれます。
良くも悪くもエロゲっぽくない絵柄といいますか、少なくとも万人受けする絵柄ではないなと感じます。

プレイしているうちに馴染んでくるというか、味があって良いなと思えてくるんですけどね。

以上が本作の欠点でした。


『クリミナルボーダー』シリーズは人を選ぶ要素が多いのも事実ですが、
独特の魅力を持っている作品でもあります。

Purple softwareさんの挑戦的で意欲に満ちた作品でしたので、私は高く評価しています。

エポックメイキングな作品は、そういったところから生まれてくると考えておりますので。

気になる方はぜひプレイしてみてください!

クリミナルボーダー 1st offence
クリミナルボーダー 1st offence
~DL版販売ページ~

エッチシーン

本作のエッチシーンはかなりエロいです。

CGに細かく差分を用意して切り替えることで、行為中のピストンを疑似的に演出しています。
手コキのシーンでは1クリック毎に手が動くという芸の細かさ。

絵の塗りも肉感的で大変エッチです。
原画のさめまんま氏はエロ漫画家ということで、氏の本領が発揮されていたと思います。

おすすめフェラシーン

なぜいきなりおすすめのフェラシーンを紹介するのか。その理由はひとつしかありません。

私はフェラが好きだからです!!

なので、私のブログではこの項目は必ず設置されます。
よろしくお願いします。

メリルのごっくんフェラ

©Purple software

ちょっと嫌そうなメリルが小さいお口で飲み込むのたまりません。

こういう小柄な子が頑張ってじゅぽじゅぽしてるなんて……最高に興奮しますね!!!

Q&Aコーナー

『クリミナルボーダー』シリーズをプレイするにあたって、出てきそうなご質問にお答えします。

Purple softwareの作品で、本作からプレイするのはアリ?

アリです。

が、本作は従来のPurple softwareさんの作品とはかなり趣が異なりますので、
「こういうのがPurple softwareなのかー」といった認識を持つのは止めておきましょう。

本作は結構色モノに近い感じです。
ただ、作品自体のデキは良いので、そこはご安心くださいませ。

1st offenceから順番にプレイするのがいいかな?

そうですね。

順番を入れ替える必要は全くありませんし、内容的に飛ばすこともできないので、
必ず『1st offence』から順番にプレイしていきましょう。

関連作品は何があるのでしょうか?

記事執筆時点ではこれといったものはありませんが、
『1st offence』~『life sentence』をまとめた「complete box」が販売されています。

今からプレイされる方はそちらを購入するとお得ですね。

その他、何か気になることやご質問などあれば何でもお気軽にご相談下さい。
コメントお待ちしております。

総評

『クリミナルボーダー』シリーズは、
「目が離せないシナリオ・ダークでアンダーグラウンドな作風」などが魅力のエロゲです。

  • アウトローや裏社会などの題材に惹かれる方
  • シビアで緊張感のあるシナリオを求める方
  • 普通のエロゲに飽きてきて刺激を欲している方
  • さめまんま氏の描くエロ絵がお好きな方

上記の方におすすめしたい作品です。

『life sentence』の評価についてもご紹介しようかと思ったのですが、
2024年5月に発売したばかりなので、しばらくは止めておきますね。

ちなみに『life sentence』の公式サイトですが、未プレイの方は絶対に見ないでください。
致命的なネタバレが含まれておりますので。

『クリミナルボーダー』シリーズはPurple softwareさんの意欲に満ちた刺激的な作品ですので、
無難なエロゲに飽きた方には、ぜひ手に取ってみてほしいですね。

商品リンク

クリミナルボーダー complete box

『クリミナルボーダー 1st offence』~『life sentence』の全てを収録したセットパッケージですね。

サントラDLコードも特典として付属します。

以下の記事は「エロゲ初心者の方」や、
「どのエロゲをプレイするか迷っている方」におすすめです。

あわせて読みたい
【超厳選】エロゲ初心者が絶対にプレイするべきおすすめのエロゲ5選(シナリオゲー&キャラゲー編) みなさんこんにちは。管理人のCyberです。 今回は「エロゲ初心者が絶対にプレイするべきおすすめのエロゲ」を5作紹介します。 突然ですが、みなさんは「エロゲのおすす...

以下の記事にエロゲのセール情報もまとめています。
こちらもぜひチェックしてくださいませ!

あわせて読みたい
【FANZA/DLsite】エロゲセール情報まとめ(2024/07/23更新) FANZAとDLsiteで開催中のエロゲのセール情報をまとめています。 おすすめの作品やユーザー評価の高い作品をピックアップしています。お得にエロゲをゲットしちゃいまし...
  1. 株式会社クリアブルーコミュニケーションズのアダルトゲームブランド。ブランド名は、『源氏物語』の紫の上が由来となっている。代表作は『ハピメア』『アマツツミ』など。
  2. 女性が男性と食事やデートをし、その対価として金銭を得る活動のこと。双方の意向によっては性行為に至る場合もある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次